【厳選してみた】強みがハッキリしているシェアハウス

HOME > シェアハウスとは > メリットとデメリットを理解して利用する

メリットとデメリットを理解して利用する

 賃貸物件を利用するとき、自分で単独に借りるには初期費用などが掛かります。安くしようとすれば、狭い物件であったり、風呂無市などのアパートになるかもしれません。
 東京は他の地域に比べると賃料が高くなるので、都市部に近づけば近づくほど賃料が高くなります。
 都市部に近いところが良く、それなりに設備が良い賃貸物件を選ぼうとするなら、自分一人で借りるのではなく、別の方法で借りることも考えてみましょう。
 新しい賃貸の利用方法が進んでいます。


 こちらのサイトは、東京におけるシェアハウスの事情を知ることが出来ます。ランキングなどがあるので、利用のしやすさなどを知ることが出来ます。
 タイプとしては一つの家を複数人で利用するケースと、マンションなどを複数人で利用するケースがあります。
 一つの家の場合、人数が減ろうと増えようと利用料金は変わらないことが多いです。そのため、人が少ないと非常に住みやすくなります。
 マンションは、1物件ごとの賃料を利用者で分けることがあり、利用者が多いと割安になります。
 一つの物件を知らない人同士で住むことになるので、いろいろなケアがしてある物件が人気です。
 基本的には住人同士でルールを決めることが多いですが、ある物件では管理人がルールを決めてくれています。
 入居の条件として、そのルールを守ることが掲げられています。通常よりも自由は少ないですが、割り切って住むことが出来ます。
 キッチンの利用方法や、トイレやバスの利用方法なども一定のルールがあるので、トラブルが起きにくくなっています。


 外国人と入居することもあり、その時には文化の差が起きることもあります。外国人がいる物件は、当初から受け入れることを想定しているので、比較的自由に利用できることが多くなっています。
 留学生のように一定期間利用する人もいれば、旅行者が一時的に利用するために使えるところもあります。
 日本人が利用する場合は、最初から外国人と一緒に生活することに納得して住む必要があります。
 入ってから外国人がいることがわかるケースは少なくなっています。これまでは、一軒家やファミリータイプのマンションを利用するケースがありましたが、最近は、シェアハウスで利用することを想定して建てられた物件が利用できる場合があります。
 男女で生活するようなときも、男性用と女性用のお風呂、トイレなどが用意されていたり、男性用のフロア、女性用のフロアできちんと分けられているところもあります。
 一方で、みんなでくつろげるリビングであったり、パーティールームなどの共用設備が充実しているところもあります。

次の記事へ

ページトップへ