【厳選してみた】強みがハッキリしているシェアハウス

HOME > シェアハウスとは > シェアハウス選びの基礎知識

シェアハウス選びの基礎知識

 日常生活では衣食住が基本になり、衣食住をバランスよく活用することで、より良い生活を営むことができます。
 とくに経済的な面で、バランスのとれた生活ができればコストパフォーマンスが良くなります。経済的な面での衣食住を考えた時に、いちばん負担が大きいのが住宅問題です。
 借りるにしろ購入するにしろ、経済的な負担が大きくなります。それでできるだけ経済的な負担を少なくするための方法としてシェアハウスなどを利用したりします。
 最近はシェアハウスの話題も増えてきましたが、利用する場合には正しい基礎知識を知っておき、メリットとデメリットを理解して利用する必要があります。
 一般的な基礎知識とともに、自分のライフスタイルに合った利用ができるかということも重要になります。先入観などで判断しないことがポイントになります。


 どのようなシステムかというところから基礎知識では入っていきますが、名称からわかるように、共有できるところは共有をして経済的な負担を減らすということで利用することになります。 
 具体的には、リビングや台所や浴室などを共有します。その上で住人の個室をプライベート空間として利用するわけです。
 例えば2DK以上の住まいをそれぞれの個室で生活し、その他の部分をシェアすれば、1人で借りるよりもだいぶ安くなります。
 その考え方と基本にして、色々なタイプが生まれて、今に至ります。メリットとしては家賃や家具などの固定費が低く抑えられます。
 購入すると経済的な負担も大きくなりますが、備え付きの場合には、引越しでも経済的な負担を押さえられます。


 その他、住人同士が助け合うこともできますし、相性が良ければ一緒にゲームをしたり、料理などを分け合ったり、病気の時なども看病をしたりなど、色々な面で助かります。
 友人同士や恋愛関係のカップルで利用するということも考えられます。デメリットとしては、人間関係のトラブルが考えられます。
 住まいをシェアするので、生活音なども神経質な人は気になりますし、誰かがトイレに入っている時に入れないとか、台所を使っている時に使えないとか、その他共有するということでのトラブルが考えられます。
 また、個人のスペースが狭くなりますし、住まいの使い方が雑な人と几帳面な人では精神的なストレスも加わり、トラブルになったりします。
 同居人との相性が非常に重要になってきます。それらのポイントをよく理解して、住まいだけではなく同居人も確認もして利用することが長続きのコツになります。

次の記事へ

ページトップへ